スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

他人の子を預かるということ2010-04-03(Sat)


今から一年前、ワシは現場から離れ会計を預かる立場に変わった。
現場一筋でやって来た身ゆえ、その戸惑いは半端なかったことをよく覚えている。
慣れない仕事ながらも、『従業員の給与が払えなかったらシャレにならん』
そういう危機感をいつも背負いながら、与えられた職責を全うしてきたつもりだ。

数字と格闘する日々が続く中、事件が起こった・・・

ワシの同期が心の病で戦線離脱してしまったのである。
そして・・・
関連があるのかないのか分からないが、
これに端を発し、次また次と職員が病で出勤できなくなることが続いた。

悪いことは重なるとよく言われるが
時を同じくして立て続けに重大な交通事故が発生し
最悪の場合、お預かりしているお子さんを死に至らしめる結果になりかねない状況だった・・・

それでも、やる気を失うことなくどうにかこうにか自分のモチベーションを保ってきたのである。


そして新しい年度が始まり、ワシは15年目という節目を迎えた。
施設会計の責任者という立場に加え、この4月から病欠職員の代理ということで、現場を兼務することが決まった。
これによりワシの生活は仕事優先ということが決定的になった。

「お父さん、今日の夜は帰ってくるの?」そういう息子の言葉が正直痛い。

自分が選んだ道である。
クヨクヨ後悔しているわけではない。

ただ一つ。
どうしても残しておきたいのは、対人援助職という仕事がどういう意味を持つのか?ということである。



ワシの選んだ仕事は過酷だ。
人と関わる仕事は常にストレスとの戦いである。
上手く行くことは滅多にないし、むしろ思い通りに運ばないことの方が多い。
それでも、それこそお金に代えられない価値をこの仕事に見出し、選んだのは自分自身だ。


人と関わることによって、自分自身に癒しを与る
言い換えるならば
自分が癒されたいからこそ人と関わるのである。

ワシは対人援助職をこのように理解している。


最近ようやく社会問題としてクローズアップされてきた児童虐待であるが
それに向き合う人間をことごとく追い詰めていくことにどれほどの人間が気づいているだろう。

本来、無条件絶対の愛を与えられるべき子どもが
謂れのない暴力や心理的圧力、時には性的被害に遭うことの恐怖・憤り・無力感・諦め・・・
歪められた人生を取り戻すのに、どれほどのエネルギーを注入すれば良いのだろうか。
それに真っ向から向き合っている人間達が、常にギリギリのラインで戦っていることに社会は気づいているのだろうか。


ワシは他人様のお子様をお預かりさせて頂いて生計を得ている。
これはワシが選んだ道である。
クヨクヨと愚痴を並べているわけでもなく、慰めが欲しいわけでもない。


ただ・・・


あまりに無慈悲なことを見聞きすると・・・時々心が麻痺してしまうのである。
そして、それに慣れきっている自分が怖い。

自分の就いている仕事が無くなればよい
すべての子ども達が、笑顔で家族と共に暮らせる日々が保障されるのなら・・・



ワシは本気でこう思っている・・・




なんだか、
まとまりに欠ける文章ですが。

独り言ですから(苦笑)

このブログは、時々こんな文章がつづられてます。
興味のある方は、カテゴリー「仕事」をご覧下さい。

世の中から、児童虐待という忌まわしい単語が消えることを願って止みません。

Fc2blog - ジャンル:日記 » テーマ:ひとりごとのようなもの

Comments(4) | Trackback(0) | 仕事

Comment

kawaちゃん

結婚してない、子供もいない僕が意見するような内容ではないですが、考えさせられる問題だと思いました。
子供さんたちもギリギリの精神状態でそこに居て、その子供さんを預かる風さんのお仕事は素人の僕が思ってる以上のことだと思います。

なんにも言えないです…

2010-04-03 22:27 | URL | [ 編集]

 風さんのお仕事は対人の職業ですが、接客とはモチロン異なり、教育ともまた違う気もして…

>対人援助職

 と言われるように援助を必要とする子供たちを「(特に精神面から)サポート」するのが風さんたちのお仕事なのだろうかと考えています。

 最近の不条理な子供たちを巻き込んだ事件を目にすると世の中がおかしくなっているのかなと思いつつ… 他の介護職など、他人をサポートする職業はますます必要に迫られている気がしてなりません。

 風さん自身も、「どうか身体も精神も健やかに保ってお勤め下さい」と…それだけです。選んだ道を自信を持ち進める事はそれだけで素晴らしいことですから(^^)

2010-04-03 23:03 | URL | たつ [ 編集]

人の命を預かるのは、ほんとに大変だと思います

子供のころに抱いた感情って、大人になってからすごく影響してしまうし、本来なら子供を守る立場の大人が子供を傷つけてしまう・・・

どうして??としか思えないニュースを見ることも増えてます
風さんの思いが、世の中に届く日が来てほしいと思います

私も最近職場に行けなくなった一人です
今は、何もなかったかのように仕事をしていますが・・・

自分に余裕がないと、しんどさに負けてしまいます
私が言えることじゃないけど、風さんも自分のカラダと大事な家族も守ってくださいね


2010-04-03 23:29 | URL | hana [ 編集]

最近のニュース等で乳幼児を餓死させる・・こんなニュースを聴くとほんとにやりきれなくなります。

親に対してはそんな無責任弐子供を作るなといいたいし、死んでいった子供達がもしう我が家に生まれてきてくれて他のならと考えると・・・切なくなりますね(ーー;)

児童虐待・・・ほんとに児童虐待がなくなってくれればいいですね。

しかし今現在の社会では、風さんの仕事で救われている子供がいることも事実なのです・・心が麻痺することがあったとしても、ドンと胸張って行きましょう!(^-^)v

2010-04-03 23:33 | URL | HORI-G [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://zep1100oyazi.blog31.fc2.com/tb.php/777-73b40253

プロフィール

風

Author:風
【自己紹介】
03'ZEPHYR1100から97'Valkyrieに乗り換えた道楽子持ち親父。
ちょいと前までは、エビ反りジャンプなるカテゴリーを開発し、目下、記念撮影の代名詞となるべく普及宣伝活動を行っていたわけですが、最近は・・・何それ?って感じです(笑)


【このブログでは・・・】
バイク
写真
日記(独り言)
特に多いのがここら辺のカテゴリです。


【歴史】
ヤマハ時代
SRX250→TW200
スズキ時代
バーディー80→GSX250R→RF400RV
カワサキ時代
ゼファー1100

過去のログ v.コンパクト

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

友達申請フォーム

この人と友達になる

FC2カウンター

ブロとも一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。