スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

錦秋の信濃路を楽しむ旅  怒濤2009-10-25(Sun)

ワシと鉢伏山荘の出会いは今から12年前に遡る。

ツーリングマップルにさり気なく記された一本の細く曲がりくねった道
当時RF400RVに乗っていたワシは、ふとこの道を走りたくなり、当時松本に住んでいた学生時代の友人を頼りに旅立った。
友人も同じバイクを所有しており、彼に高ボッチ高原までの道案内を頼んだ。

ちょうど仕事に行き詰まりを感じていた時期だった。

宿の予約はしていなかった。適当な場所で野宿すれば何とかなるかという軽い気持ちだった。
ところが、あまりの寒さに身の危険を感じ、ヒッソリと静まり返った誰もいない山小屋に転がり込んだのである。
そのまま震えながら夜明けを待った。
山頂から荘厳な日の出を見たとき、心の底から生きている喜びを感じた。

山から下りて来ると、奥さんが薪ストーブに火を起こすところだった。
ワシは、無断で山小屋を使ったことを詫びたが、奥さんは笑ってワシにコーヒーを煎れてくれた。


・・・

・・・・・・

・・・・・・・・・山荘親父と一年振りに再会した。そして今回、見慣れぬ男がいた。

「この山荘には、全てを捨てて山に生きる世捨て人がいる」

昨年、酔いどれの宴の最中、山荘親父はこんなことをワシに言った。
『ひょっとしてこの男の人?』
一瞬そんなことを思ったが、詮索するのも野暮な話である。男がこの山に自分の魂を捧げているのだから。

ロウソクの灯りの下で、薪の弾ける音を聞きつつ、素朴でとても豪華な夕食が始まった。
山荘親父達の温もりと、薪ストーブの放射する熱が、疲れ切った体を心地よくほぐしてくれた。平成21年10月17日(土) 天候 晴れ時々曇り夕方から雨

翌朝、風の音で目が覚めた。
すでに太陽の昇っている時間であったが、何だか辺りの様子に違和感を感じた。窓の外を見ると、辺りは霧に包まれていた。
錦秋の信濃路を楽しむ旅 H21.10.16ー10.18 115
~鉢伏山荘付近 霧の散歩道~


前夜のルート選定会議によって、二日目と三日目の行程を入れ替えることが決まっていた。
日本海から近づいてくる気圧の谷が、今日の昼以降から雨雲を連れてやってくる予報であったためである。
雨の降る中、信州を代表するクネクネ道を走るのはどう考えてもつまらない。ましてや高所を走り、冷たい雨に打たれ続けるのは体にも良くない。
この雨は日本海側を中心に三日目以降も続けるらしい。しかしながら、日本海側を避ければ雨の心配はなさそうであった。

こうなれば肝が据わる。
今日一日、最低限チェリーパークラインを通過し、湯ノ丸林道のダート路を走破できれば問題ない。
あとは別に雨の中を移動してもいいぞ!
別に渋峠は石碑しか無いしな!!
いつになく雨に対して強気な発言が飛び出してくる(笑)

午前7時半
鉢伏山荘に別れを告げ、崖の湯付近を経由し一気に山道を下った。
錦秋の信濃路を楽しむ旅 H21.10.16ー10.18 120. アウトライダー風
~名も無き道でアウトライダー風に~


r290、R19と繋ぎ、塩尻北ICから長野自動車道に乗り、一気に上信越自動車道上田菅平ICを目指す。
車の流れも大変良く、40代オヤジライダーズはここでも悪魔的な能力を見せつけてくれた(涙)
極悪とか言う言葉だけでは物足りない。
もはや形容する言葉が見つからない。
ワシはヘルメットの中で、大粒の涙と鼻水とで格闘していた(爆)

上田市内の団子屋に到着したとき、ワシの体力は相当削られていた。だから心の底からオヤジ達に言ってやった。
「コ○ス気デスカ?」と(爆)

r79から浅間サンラインを太陽に向かって走る。道路脇のリンゴが赤く色づいているのを楽しむ。
周囲の山々よりひときわ高い特徴的な山がどんどん近づいてくる。
錦秋の信濃路を楽しむ旅 H21.10.16ー10.18 133 レタッチ


高峰高原の案内板を目印にしながら、どんどん山の方へ向かっていった。
ここまで先導してくれたKizさんが撮影のため最後尾に回る。代わって先頭に立ったもも吉さん。
つづら折れが続く道に、スイッチが入った(笑)
見る間に離されていくワシ(汗)
何度かカーブをクリアすると、ついにその姿は見えなくなった・・・
そしてワシは、オーバースピードでカーブに進入し、リアタイヤをロックさせるという失態(苦笑)

雲に遮られがちの弱々しい陽光が、黄色く色づいた唐松林をより美しく輝かせている。
ワシは道を楽しむことを諦め、黄金色の景色を切り取ることにしばし心を奪われた
FH000020 レタッチ


・・・そして
旅人は、失われた体力と気力を、絶景と団子で一気に回復させたのである(笑)
錦秋の信濃路を楽しむ旅 H21.10.16ー10.18 166

Fc2blog - ジャンル:車・バイク » テーマ:ツーリングレポート

Comments(14) | Trackback(0) | ZEPHYR1100

Comment

あれ?何で背中に極悪!って書いてないんですか?

しかし・・・40オヤジは何であんなに速いんでしょう。
特別な装置でもついてるんですかね~

2009-10-25 18:28 | URL | HORIーG [ 編集]

Re: タイトルなし

○HORI-Gさん

背中の文字?
梵字で「善人」って書いてませんか?(笑)

40代オヤジライダーズは、絶対ネジがぶっ飛んでます(爆)



2009-10-25 19:30 | URL | 風 [ 編集]

 そっか、ついに極悪でも足りなくなったんですね(爆) じゃあ新たに形容する相応しい言葉を考えないと…

 風さんでさえこの状態という恐ろしいツーリング(ーー;) こりゃ絶対着いていけんわ(ToT)

 文書と写真ナイスです(^-^)/ 昔より思い出の深い場所だったのですね。自分も軽い気持ちで元旦の富士山に出かけて凍えて参ったのを思い出しました(;^_^A

 で、風さんだんご3つも食ったの?(笑)

2009-10-25 19:39 | URL | たつ [ 編集]

Re: タイトルなし

○たつさん

そうなんですよね
極悪ではないんですよね。それ以上です(爆)
ふさわしい形容が見つからないのが目下の悩みです。

だんご?
三つ食ったよ(笑)
kawaちゃん以外、全員三つ食ってたよ~♪(笑)

2009-10-25 19:56 | URL | 風 [ 編集]

あの高速、あのつづら折れ・・・
朝イチにやられました(-_-;)

この小説風、とっても雰囲気があり
あの日の記憶が甦ります(*^_^*)

風さんがこんないい感じに書かれてるんで、
僕、もう書かなくてもいかな・・・(笑)

極悪に代わる言葉・・・
今後の大きなテーマですね・・・

2009-10-25 23:03 | URL | kawaちゃん [ 編集]

なんか、ステキなツーレポですね
小説読んでるみたいで

でも・・・
最後の風さんの写真が、なんか…
ほっとします!

2009-10-25 23:47 | URL | hana [ 編集]

あれ?

風さん良い感じの文章が続きますね!!

ただ嘘はいけません。

>ワシはヘルメットの中で、大粒の涙と鼻水とで格闘していた(爆)

ヘルメットの中の顔はニンマリ笑い、クネクネを堪能されていたのでは?(笑

それにしても最後の写真
団子を美味しそうに食べられてますね。
こんな場所で食べると格別だったと思います。
でもkawaちゃんは3本食べられなかったんですか?
クネクネで胸一杯で食べられなかったんですか?(爆

2009-10-26 01:39 | URL | ゴリ [ 編集]

ども(^^)/

大変 ご無沙汰しております…m(_ _)m

道中のクネクネやクネクネ、
やはりビクスクってのもあったのですが、
参加を見送って良かったです?!(爆

山々では綺麗な紅葉が出迎えてくれますが、
寒さで思うように体が動かなくなってしまいますぅ…{{{(>.<)}}}

2009-10-26 07:24 | URL | kenken [ 編集]

Re: タイトルなし

○kawaちゃん

高速道路でかなりのエネルギーを消耗させられましたね(大笑)
その後、間髪置かずにクネクネでしたからね~
この日の行程は、旅の中で一番辛かったかもしれませんね

kawaちゃんも頑張って書き上げて下さいね。
Kの旦那は相変わらずの放置プレーみたいなので(爆)

2009-10-26 20:33 | URL | 風 [ 編集]

Re: タイトルなし

○hanaさん

今回の旅を、なるべく綺麗に、かつ、旅情溢れるものに仕上げたいな~と思ったので、このスタイルです。
本当はもっとドロドロしていて、中身の濃い~旅だったんですよ(爆)

2009-10-26 20:35 | URL | 風 [ 編集]

Re: あれ?

○ゴリさん

あれ?
おかしいですね。全て本当の出来事なのに(笑)

朝一番の高速道路上は、本当にやばかったです。
自分のバイクにカウルが欲しいと本気で思いました(笑)

kawaちゃんが団子を一本しか食べられなかったのは・・・
やっぱ、お腹一杯だったんですかね~(爆)

2009-10-26 20:38 | URL | 風 [ 編集]

Re: ども(^^)/

○kenkenさん

kenkenさんがもしこの旅に参加されてたら・・・
きっと、高速道路上で涙と鼻水だけでは済んでなかったでしょうね(笑)

山の上は・・・冬の気配が漂ってましたよ~
ちなみに、伊吹山の紅葉は今がまさに見頃みたいですよ♪
今朝、ラジオで言ってました(笑)

2009-10-26 20:41 | URL | 風 [ 編集]

山荘の夕食は心安らぐひと時でした。

チェリーパークライン イイ道でしたね~
楽しくて。楽しくて。。。(笑)

山頂付近から眼下を見下ろしながらの団子は
私服のひと時。 後、熱いお茶があれば最高でしたね(笑)

2009-10-26 21:55 | URL | もも吉 [ 編集]

Re: タイトルなし

○もも吉さん

そう言えば・・・
もも吉さん、チェリーパークラインの走行後「テンション上がるわ~♪」とか言ってましたね(笑)
走っている後ろ姿は、本当に楽しそうでしたよ。
追いつけませんでしたけどね(^ ^;

これからいよいよ後半戦です。
もうしばらくお付き合いよろしくお願いしますm(_ _)m

2009-10-26 22:01 | URL | 風 [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://zep1100oyazi.blog31.fc2.com/tb.php/686-78c68725

プロフィール

風

Author:風
【自己紹介】
03'ZEPHYR1100から97'Valkyrieに乗り換えた道楽子持ち親父。
ちょいと前までは、エビ反りジャンプなるカテゴリーを開発し、目下、記念撮影の代名詞となるべく普及宣伝活動を行っていたわけですが、最近は・・・何それ?って感じです(笑)


【このブログでは・・・】
バイク
写真
日記(独り言)
特に多いのがここら辺のカテゴリです。


【歴史】
ヤマハ時代
SRX250→TW200
スズキ時代
バーディー80→GSX250R→RF400RV
カワサキ時代
ゼファー1100

過去のログ v.コンパクト

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

友達申請フォーム

この人と友達になる

FC2カウンター

ブロとも一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。