スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

ゼファー1100信州爆走一人旅 ~鉢伏山の夜は酒と歌で更けていく~2008-10-20(Mon)

Tag : 
ゼファー1100 ツーリング 信州 
一日目 10月16日(木) その2

分杭峠で30分間“気”の照射を受け(笑)、
何となく騙されたのではないか?という不思議な感覚を背負って、R152号を北上し諏訪湖を目指した。

そう言えば
前日の仕事のトラブルが尾を引き、走りながらも時々フッとそのことが頭の中を通り過ぎていく。

日常からの脱却

ツーリングはしばしこのような表現をされる。
このように言葉に書いてみれば、響きも良いし何より字面が(・∀・)イイ!!
しかし悲しいかな、人間は感情の生き物。
一旦頭の中に仕事のトラブルが入り込めば、なかなかそれが抜け出さない。

これではいかん

ワシはいつもより多くアクセルを捻った。



目の前に次々と現れるカーブを一つ、また一つクリアしていくと唐突に茶屋が現れた。
杖突峠だ。
そこに設置された展望台に行ってみると(100円が必要ですよ~♪)
圧倒的な景色が広がっていた。
パノラマ分かりにくい写真でm(_ _)m

東の八ヶ岳から、目の前の蓼科山、霧ヶ峰、そして遠く続く山また山
谷に目を転じれば、ひしめき合う建物。
そして、秋の柔らかな日差しに照らされた諏訪湖。
そう。
ワシはこの景色を見に来たんだ。
そして、ここから続く道を走りに来たんだ。
峠の茶屋で一服し、非常に挑戦的なクネクネ道を一気に下った。


高ボッチ高原へのアプローチは、初めて訪れる人でも分かるようになっている。
信州ツーリング 043

秋の夕暮れは非常に早い。
すでに日が傾き始めた細い山道をひた走る。
途中の紅葉が、もうすぐ訪れる冬を予感させていた。
信州ツーリング 049



目の前の視界が突然開けた。
高ボッチ高原だ。
信州ツーリング 050八ヶ岳を遠望する
信州ツーリング 051辺り一面のススキ
信州ツーリング 053奥の山が鉢伏山
信州ツーリング 054ここに来たという証


道はここから更に奥へと続いている。
この道は空に近い場所だ。
信州ツーリング 056


午後4時半過ぎ
無事に鉢伏山荘へ到着した。
駐車場にバイクを止め、辺りを見回す。
夕日を浴びて、ススキが黄金に光り輝き揺れていた。
信州ツーリング 060 01



一日がようやく終わる。FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへにほんブログ村 バイクブログへ

鉢伏山(1928m)に登ってみた。
プレメタボディ(←こんな言葉があるのかは不明w)のワシは、たかだか20分ほどの山歩きで息が切れる。

山頂には野生の鹿がいた。しかも群れで(驚)
後から山荘の親父に聞いてみたら、雪が降らなくなって自然淘汰される数が減ったとのこと。
温暖化の影響とは言いたくないけど・・・と少し寂しそうな語り口が印象に残った。


ちなみに、夕食はこちら
ちょっと分かりにくいけど、昼食に続いてまたまたトンカツ(笑)
ろうそくの光の中で食べる食事はかなり新鮮だった。

下の世界を上の世界に持ち込まない


山荘親父の粋な哲学である。
信州ツーリング 072


鉢伏山の山域は、東京の山手線に匹敵する大きさらしい。
そのような広大な世界の中に、山荘親父と道楽親父が酒を飲み交わす。
やがてお互い酔いが回り、「ギター弾けますか?」という誘いに乗って
ワシがギターを弾き、山荘親父が歌う
山荘親父が弾いて、ワシが歌う

静かな山荘に、薪がパチパチ弾ける音と酔いどれ親父達の歌声が夜更けまで響き渡る。




Fc2blog - ジャンル:車・バイク » テーマ:ツーリング

Comments(6) | Trackback(0) | ZEPHYR1100

Comment

Re: ゼファー1100信州爆走一人旅 ~鉢伏山の夜は酒と歌で更けていく~

いいところですね、高ボッチ高原。
そしていい味出てますね、山荘親父。

親父と酒を呑み歌を歌う・・・こんな一時は日常では中々味わえないと思いますよ。

相変わらず綺麗な写真ですね~。
惚れ惚れします。

2008-10-20 23:48 | URL | HORI-G [ 編集]

Re: ゼファー1100信州爆走一人旅 ~鉢伏山の夜は酒と歌で更けていく~

磁場0の分杭峠ですか。一度行ってみたいですね。風追人さん得意のくねくね道、走っている様子が目に浮かびます。
 季節は秋から冬に向かっています。対人援助の仕事は心身の調子が肝心、蔭ながら惜しみなく応援を送っています。

2008-10-21 17:38 | URL | びわ湖を望むライダー [ 編集]

HORI-G さま

>親父と酒を呑み歌を歌う・・・こんな一時は日常では中々味わえないと思いますよ

確かに、こんな時間は日常では絶対に送れないですね。
本当に貴重な時間を過ごさせて頂きました。

山荘親父、ナイスガイでしたよ(笑)

写真を褒めてくれて嬉しかったので
他のやつもちょこっと紹介しますよ。

2008-10-21 18:34 | URL | 風追い人 [ 編集]

Re: ゼファー1100信州爆走一人旅 ~鉢伏山の夜は酒と歌で更けていく~

杖突峠の茶屋ありましたね~景色より峠道を楽しんでました(^^;

1928mの山登りはきついでしょ~わたしにゃ、高地でなくても山登りはきついです(爆

高ボッチ高原の山荘いいですな~ギターを弾いて歌うなんて~(^^b
あっ、ギター弾けなかったんや(^^;

2008-10-21 18:36 | URL | Kiz [ 編集]

びわ湖を望むライダー さま

信州は非常に奥の深い場所ですね。
まだまだ走り足りない気分です(笑)

対人援助職は本当に神経がすり減ります。
減った分をバイクと家族で必死に補っている次第です(^^;

2008-10-21 18:39 | URL | 風追い人 [ 編集]

Kiz さま

今度機会が有れば、杖突峠の上りをガンガン走ってみたいなと思います。
時間の関係で、下りオンリーだったのが心残りです。
峠からの展望はすばらしかったですよ。

山小屋とギターはとても親密な関係です。
これに薪ストーブと酒が加わって、ディープな展開になるのです(爆

2008-10-21 18:45 | URL | 風追い人 [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://zep1100oyazi.blog31.fc2.com/tb.php/343-c77c73e4

プロフィール

風

Author:風
【自己紹介】
03'ZEPHYR1100から97'Valkyrieに乗り換えた道楽子持ち親父。
ちょいと前までは、エビ反りジャンプなるカテゴリーを開発し、目下、記念撮影の代名詞となるべく普及宣伝活動を行っていたわけですが、最近は・・・何それ?って感じです(笑)


【このブログでは・・・】
バイク
写真
日記(独り言)
特に多いのがここら辺のカテゴリです。


【歴史】
ヤマハ時代
SRX250→TW200
スズキ時代
バーディー80→GSX250R→RF400RV
カワサキ時代
ゼファー1100

過去のログ v.コンパクト

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

友達申請フォーム

この人と友達になる

FC2カウンター

ブロとも一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。