スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

ぼんやりしてますか?2008-08-23(Sat)

ボケーッとすること減ったと思いませんか?

さてさて突然何を言い出すんや?君は!って感じで切り出したわけだが

盆休み以降、久しぶりに月曜日から金曜日まで5日間働いて、想像以上に激務でビックリ。もう自分でも笑っちゃうぐらい激務っぷり(笑)

少しの休憩も許されないほど、抱えきれないほどの仕事がワシを待ってくれていた。

ワシの仕事(児童養護施設の仕事)は子どもの心と体の健康を守る仕事。そして加えて、子どもを守る立場の大人達の心と体を守る(気遣う)立場でもある。

で、その大人達がワシに対して、少しの休憩も与えてくれないほど、様々な相談事や報告を入れてくれるわけで(苦笑)。

まぁそういう立場なので仕方がないといえばそれまでだが、ひとときの休憩すら与えてもらえないというとこころに、なんだかこの業界の病巣を見た感じがすごくするのよ。ちょっとでも隙間があれば、「よしそこにねじ込め」みたいな感覚を覚えてるわけですわ。

相手(この場合はワシという意味)の状態はお構いなしに、とりあえず今すぐ私の話を聞いて下さい、解決の方法を導いて下さい、できればあなたが解決して下さいというニュアンスに囲まれているって表現したらいいのかな?

これって、本当に普通のことなのか?この状態に慣れていいのか?と最近特に思う。

成果主義の代償?

デジタル世代の負の遺産?

よく使われるゆとり教育の弊害?

何だかよく分からないが、とにかく共通しているのは

自分が思ったタイミングで自分が思う結論(結果)にならなければ落ち着かない

そういう感覚の持ち主が増えてきているような気がするのはワシだけ?

だから日常の中で、本当にぼんやりする時間が減っているのよ。

ぼんやりしている時間帯に、かなりずかずかと遠慮無しに進入してくる輩が確実に増えているのよ。

これって一体なんなんやろ?

ワシの言葉は単なるぼやき?

それとも社会の縮図?

少なくともハッキリしているのは、このままでは必ず追いつめられるってこと。

だからワシはOFFを大切にしている。

切り替え上手は世渡り上手

そんな言葉が生まれるのではないかとワシは本気で思っている。




Fc2blog - ジャンル:日記 » テーマ:ひとりごとだよ。独り言。(-〟ゝ-)ゞ

Comments(2) | Trackback(0) | 独り言

Comment

私は現職場にはまだ3年弱しか働いてないのでペーペーで、
風追い人さんみたいな立場ではないのですが、
オン、オフの切り替えは大事にしてますよ。

というか私の場合は「楽しいオフを満喫するために働く」という考えが強いです。

でも会社の役員さんたちを見てると、偉くなるほどオンもオフもなくなるみたいですけどね。

出来るかが入りオフは出かけてリフレッシュを心がけてます。
それか家でひたすらにボケーとしてます

2008-08-23 09:36 | URL | HORI-G [ 編集]

HORI-G 様

「楽しいオフを満喫するために働く」
なるほど~。確かに一理ありますね。

疲れ切って帰宅したので、日曜日はバイクに乗ってどこか遠くに行くぜ!と宣言したものの・・・
「夕方から予定があるから」と嫁に言われ、i-195ショボーンとする私(笑)

2008-08-23 12:10 | URL | 風追い人 [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://zep1100oyazi.blog31.fc2.com/tb.php/290-cfcad3f5

プロフィール

風

Author:風
【自己紹介】
03'ZEPHYR1100から97'Valkyrieに乗り換えた道楽子持ち親父。
ちょいと前までは、エビ反りジャンプなるカテゴリーを開発し、目下、記念撮影の代名詞となるべく普及宣伝活動を行っていたわけですが、最近は・・・何それ?って感じです(笑)


【このブログでは・・・】
バイク
写真
日記(独り言)
特に多いのがここら辺のカテゴリです。


【歴史】
ヤマハ時代
SRX250→TW200
スズキ時代
バーディー80→GSX250R→RF400RV
カワサキ時代
ゼファー1100

過去のログ v.コンパクト

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

友達申請フォーム

この人と友達になる

FC2カウンター

ブロとも一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。