スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

子どもを愛するということ2008-08-03(Sun)

IMG_5822.jpg

ワシは児童養護施設で働いている。すでにこのブログでも紹介したと思う。
だいたい週休二日(不定休)で働いており、一週間のうち5日間は、全く他人の子ども達と寝食を共にしている。時には、宿直なんかで家を数日空けることもある。

で、昨日の夕食の話

ワシは中高生の男子達と夕食を共にしていた。
その中の一人が、「なぁなぁ。僕がサッカーで活躍したら100円おやつ奢ってくれへん?」と言ってきた。
(まぁその子どもの口癖みたいなもので、こういう言葉で大人との距離を保とうとするタイプの子どもなんですね)
ワシは応えた。「そんな安っぽいことでいいの?」と。
すると男の子はさらに聞いてきた。「えっ?じゃあもっとたくさん奢ってくれるの?500円?」
さらに応えるワシ「本当に500円でいいの?」
子ども「えっ?じゃあ何円奢ってくれるの?」

・・・・しばらく沈黙を作った後
「あなたに愛情を一杯あげる」

と言ってみた。

普通中高生男子なら、30半ばのオッサンからこんな言葉を言われると、「うわ、きっしょ!」みたいな反応が返ってくるかなと思っていたわけだが
その子は、何だかこちらが恥ずかしくなるぐらい顔を赤らめ思い切り照れていた。

ああそうか

ワシは感じた。
普段強がっている連中でも、心の底ではこんな言葉を嬉しく思ってくれているんだなと。

職場では完璧に自分の子どもの存在を忘れており、時々子ども達から「もう少し自分の子どものことを考えてあげたら?」と言われる始末である。
それぐらい施設の子ども達のことを考えている。

一方家に戻ると、今度は反対に完璧に施設の子ども達のことは頭から抜けていく。
100%の愛情を我が子達に注いでいる。
どんだけ疲れていても、子どもが「おんぶして~」「肩車して~」「遊んで~」と言ってきたら、それには何やかんやで付き合っていってやろうと思っている。
ひとえにそれは、『今手抜きしたら将来どのような形で返ってくるかわからない』と恐れているからである。

普段、あまり我が子に対して何もしてやれないからこそ、色んな体験を積ませてやりたいなと思うのである。







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

無条件絶対の愛

こんな言葉を聞いたことはありますか?
ちょっと乱暴な説明だが、乳児が母のおっぱいを求めるとき、母は何らかの対価を子どもに求めるかどうか?
これを想像すれば、ワシが言わんとすることが分かるのではないかな?

言いたいこと分かるかな?

子ども達は、自分が安心できる瞬間を常に求めているとワシは思っている。
自分が「今まさに必要やねん」と感じたそのタイミングに、大人が適切に応えてあげること。
この積み重ねがとても大切なことだと常々感じている。

この無条件絶対の愛を受けた体験が、その後の人生を形成していく重大な基礎となるのである。

ちょっと論点逸れたけど、結局何が言いたいって

子どもを愛するということはとても尊くて、素晴らしいことなんです

生まれも育ちも関係ありません

国籍も肌の色も関係ありません


これを声を大にして言いたいと思っているわけなんですね。








施設の子どものちょっとした反応から、ずいぶん話が広がってしまいましたが・・・時にはこんな話もいいでしょ?


にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ


全然話の中身と写真は関係ないけど

今日仕事場に着ていったら思いの外子ども達から高評価を受けたので。

ついつい嬉しくなってご披露しなければと思っただけで。

はい。

なんら深い意味はございません。




バングルス 胸一杯の愛

歌詞とこの文章の内容が合っているかどうかは分かりません。

単にワシの好きな曲の一つ


Fc2blog - ジャンル:育児 » テーマ:パパ育児日記。

Comments(4) | Trackback(0) | 子育て

Comment

深い記事ですね。
まだ子供のいない私でも、今後、わが子にどれだけの愛情を注げるのか?非常に不安になってしまいます。
今後、子供が出来て子育てに迷ったときは相談させてくださいね。

やはりこのブログは為になりますね。

あ、それと年齢、もう少し上かと思ってました…スミマセン
30半ばだとほぼ同年代ですね~。
私がちょっとだけ下なのかな?

2008-08-04 00:08 | URL | HORI-G [ 編集]

この記事を読んだ嫁から「あんたどうしたん?」と真顔で聞かれてしまいました(苦笑)
時には、こんな風にマジメに考えているんだワシは!ということを残しておきたいんですね。多分・・

で、
HORI-Gさんとは同世代の匂いを何となく感じていましたが
どうやら本当にそんな感じですね。
これからもどうぞよろしくお願いします。

2008-08-04 11:19 | URL | 風追い人 [ 編集]

はじめまして

こんにちは。
ブログを拝見させて頂きました。
本当に、深い記事ですね。
『子どもを愛する』ということ、言葉で簡単に言えるものではなく本当に尊い、素晴らしいものですね。
改めて考えさせられます。
風追い人さん、本当にどうもありがとうございます。

また訪問させて頂きます♪

2008-08-05 16:16 | URL | ぬー [ 編集]

ぬー 様 いらっしゃいませ(笑)

初めまして。風追い人のブログへようこそ。
これからいつでも遊びに来て下さい。
いつもこんなに意味深な記事を書いている訳ではないのですが、職場で考えさせられる出来事が起こり、頭の隅に残っていたんでしょうね。

「愛」って本当に大切なものだと思います。
面と向かって人に言うのは照れてしまいますが、それでも訴えるべき大切な言葉だと思います。


2008-08-05 17:42 | URL | 風追い人 [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://zep1100oyazi.blog31.fc2.com/tb.php/267-86bd449d

プロフィール

風

Author:風
【自己紹介】
03'ZEPHYR1100から97'Valkyrieに乗り換えた道楽子持ち親父。
ちょいと前までは、エビ反りジャンプなるカテゴリーを開発し、目下、記念撮影の代名詞となるべく普及宣伝活動を行っていたわけですが、最近は・・・何それ?って感じです(笑)


【このブログでは・・・】
バイク
写真
日記(独り言)
特に多いのがここら辺のカテゴリです。


【歴史】
ヤマハ時代
SRX250→TW200
スズキ時代
バーディー80→GSX250R→RF400RV
カワサキ時代
ゼファー1100

過去のログ v.コンパクト

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

友達申請フォーム

この人と友達になる

FC2カウンター

ブロとも一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。