スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

生活発表会2008-02-07(Thu)

保育園の生活発表会を見に行ってきた。

ちょっと早く会場に着いたので、割に自由に場所を選ぶことができる状況にあった。
ワシは何となく遠慮心(こんな言葉あるんかな?雰囲気が伝わればいいけど)が働き、前から2列目の真ん中に腰を下ろした(←一応遠慮しているんやでこれでも)。

手にしたデジカメで舞台の写り具合をチェックしていると、大柄なおばちゃんがワシの目の前に座った。
モニターの中に大きな存在感を示しているおばちゃんの背中
ワシは「う~ん」と密かに唸り、同じ2列目の右端に場所を移した。

その様子をこっそりと観察していたのであろう、小柄なおばあちゃん
「せっかくお父さんが見に来たんやから、一番前に座ったらええやん♪」
しかしワシが座るとおばあちゃんが見にくくなるのでは?と一瞬ためらったが、熱心に勧めてくれたので、その言葉に甘えることにして、ワシは一番前の右端を陣取った。

この選択が功を奏した。

なんとワシの目の前で息子と娘の演技が行われたのである。

夢中で写真を撮り動画を撮りまくるワシ
そして、いつもとは少し違う緊張感を漂わせた子ども達の顔

いい絵が撮れたと満足して帰路についた。




さてその夜
今日一日の写真や動画を整理しながらふと思った。

ワシが保育園児の頃、同じように生活発表会があり、親父が撮ってくれた写真が実家に大切の保管されている。
その写真を見るたびに「この時お前は・・・」と昔話が始まるわけだが、その物語が実に生き生きと語られるわけである。

当時、カメラで写真を撮るということは一般的だったと思うが、動画(ビデオ)に残すという行為は、きっと大げさで高価な行為だったのではなかろうか。
親たちは自分の目に子ども達の一瞬の輝きを焼き付け、そして、脳に刻み込んだのであろう。
だから、何かの拍子にふと目にした一枚の写真から、当時の生活臭が漂うぐらいの生き生きとした物語が紡ぎ出されるのは、記憶がきちんと脳の引きだしに整理されているからであろう。

振り返って今日のワシ

モニターの中に子ども達の姿を収めることに必死で、実際に自分の目で演技を見てそれを脳に刻み込むという作業はほとんどしていない。
デジタルメディアの中には記憶以上に克明な事実が間違いなく記録されている。
そしてこれは、記憶のように決して色あせることはない。
しかしワシは親父やお袋のように、子ども達に対し今日の出来事を生き生きと伝えることができるであろうか?



どっちが良い悪いという話ではない。
一日のちょこっとした出来事をこのように少し哲学的にとらえ直す作業って、ワシ案外好きかもしれへん。



Fc2blog - ジャンル:育児 » テーマ:育児日記

Comments(0) | Trackback(0) | 子育て

Comment

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://zep1100oyazi.blog31.fc2.com/tb.php/113-e76cb804

プロフィール

風

Author:風
【自己紹介】
03'ZEPHYR1100から97'Valkyrieに乗り換えた道楽子持ち親父。
ちょいと前までは、エビ反りジャンプなるカテゴリーを開発し、目下、記念撮影の代名詞となるべく普及宣伝活動を行っていたわけですが、最近は・・・何それ?って感じです(笑)


【このブログでは・・・】
バイク
写真
日記(独り言)
特に多いのがここら辺のカテゴリです。


【歴史】
ヤマハ時代
SRX250→TW200
スズキ時代
バーディー80→GSX250R→RF400RV
カワサキ時代
ゼファー1100

過去のログ v.コンパクト

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

友達申請フォーム

この人と友達になる

FC2カウンター

ブロとも一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。