スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

冒険やろう 4泊5日グランドサークルを巡る旅 ~エピローグ~2012-01-04(Wed)

11月24日(木) @アメリカ


もともと考えていた旅行プランではこの日の早朝に帰国する予定だった。
つまり、ラスベガスという都市をそれほど重要視していたわけではなく、むしろ、グランドキャニオンへの通過点としか思っていなかった。

ところが。
物の本を読むにつけ『実はめちゃくちゃ楽しい場所じゃないのか?』ということに気づき、「せっかく結婚10周年でアメリカ旅行をするなら、一流のショーを楽しみませんか?」などとツアー会社に誘われるなどして、はたまた、実際にこの地にやって来て
ホント無知でゴメンm(_ _)m
そんな気持ちが湧いてきた。ラスベガスという都市に心の底からお詫びした。
IMGP4483.jpg
クリックすると夜の画に変わるよ~(構図は違うけどね)♪



宿泊したベラッジオの様子
画像を見たら分かると思うけど、エレベーターのボタンに「CASINO」の表記(笑)
どのホテルもこんな表記になっていて、フロントとかロビーという階は存在しないみたいだ。
また、世界中の観光客を楽しませる工夫が随所にあるのも特徴のひとつ。
ホテル巡りをするだけで、十分時間が潰せたりする。
今日の写真3


もちろん、夜景は言うことなし。
別館からの眺めであるが、眼下に噴水ショーを眺めることが出来る。
IMGP4507-005.jpg
※この画像は、夜の賑やかな雰囲気を出すべく彩度を上げて修正しています。


カジノでは神が降臨することもある(らしい)
ちょっとした土産代ぐらいならホテルが用意してくれる(こともある)
わらしべ長者


町を散策するのも良いだろう。とにかく空がもの凄く綺麗な町だ。
明るく開放的な空気の中で、お気に入りの場所を探しゆっくりと過ごしてみたいものだ。
IMGP4493.jpg


IMGP4485.jpg


IMGP4486.jpg



ただし、食事だけは吟味が必要。
ワシ等は散々ウロウロした挙句、中華料理ならまだましか?と思い選んだのだが・・・
量の多さに驚き、細長い米を見て「あっこの米食ったことがあるぞ」と若干懐かしい思い出に浸り、やはり繊細な味付けを求めたらダメなのねと諦めつつ・・・
IMGP4490.jpg
結局食べきったけどね(爆)



お土産を物色したり、カジノで遊んだり、Cirque du Soleilの「O(オー)」を観たりと、限られた時間の中でラスベガスを楽しんだ。
って言うか、ほぼ徹夜で遊び続けていたわけだが・・・



11月25日(金)@アメリカ


明け方4時までは記憶がある。
カジノでわらしべ長者ごっこをして盛り上がっていたのだ。
出発まで2時間を切ったところで部屋に戻り、ちょっと横になろうと思ったのが失敗だった。
遠くで電話が鳴っていることに気づき、寝ぼけながら受話器を上げすぐに切る。
またすぐに電話が鳴って意識が一気に覚醒した。
集合時間だったのだ。
慌てて嫁を起こし、すぐに待ち合わせの場所へ。

無事帰国してこうやって記事に書いている今となっては懐かしい思い出だが、「飛行機に間に合わなかったら・・・」とツアー会社の社長は相当焦っていた。
10分程度の遅刻でそんなに焦ることは無いと思うけどな~と暢気に構えていたら、飛行場に入った途端の渋滞&もの凄い数の旅行客。
これは!!!
間に合わない場合は、とりあえず、本日の宿を押さえて、それから日本に連絡して・・・なんてことを考えてみたものの、何とかギリギリ間に合うわけで。


そして・・・
あと10年は現役で旅行業をやっているから
そんな社長の力強い言葉を聞き「10年後に戻ってきます」と固い握手を交わしてお別れ。



11月26日(土)@日本


夜10時頃帰宅。
祖父母宅に預けていた子ども達と10日振りに出会い、旅行の思い出を語ったり、学校や保育園での様子を聞いたりする。
子ども達は「大丈夫だった」と口にするものの、やけにベタベタまとわりついてくる。
寂しかったのだろうとも思うし、両親の姿を見て嬉しい気持ちが溢れているのかなとも思った。




10年後に再びアメリカへ

それが目下のところワシの夢。



~おわり~





追記

以上、1ヶ月近くにわたり長々と私的な内容を書き綴ってきました。
最後は息切れして、いや、記憶が薄れてと言い換えた方が適切ですね。とにかくそんな感じだったので、尻すぼみです。
ということで、参考になるかどうか分かりませんが、グランドキャニオンへの旅行を考えている方々へ何かしらのヒントが提示できていたら嬉しいですね。
あっ・・・でも・・・検索され難いタイトルなので、たどり着くのは至難の業かも(爆)


※タイトルにある「冒険やろう」という言葉は、旅行会社の社長から頂きました。私の数々の奇行(主にエビ反りジャンプとか陽が暮れても写真を撮り続けているとか)とか、その他の趣味、趣向を総合的に判断してくださった結果、キャラクターをイメージして『冒険野郎』という言葉が思い浮かんだそうです。『野郎』が初めての場所で様々なことを『やろう』としたことが、この一連の記事で表現できていたとしたら、この上ないヨロコビを感じます。



飛行機の手配はコチラ⇒HIS

ツアーの手配はコチラ⇒ラスベガスの達人(株式会社トランスグループ)
ちなみに、私たちの旅行がそのまま商品になってますよ♪冬の4泊5日シリーズ グランドサークルとセドナの旅


Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:ある日の風景や景色

Comments(2) | Trackback(0) | 海外旅行記

Comment

長編レポート(`・ω・´)ゞ 乙でした!
いやぁ、いい写真が多くて堪能出来ましたグッ!! ( ̄ε ̄〃)b
特に自然の造形美には感動したっす!

2012-01-05 21:37 | URL | レイニイ。 [ 編集]

Re: レイニイ。さん


ご愛読頂きありがとうございました(笑)
ものすご~く個人的な内容でしたけど(汗)

自然の造形美ってホント凄いですよね。
もっと色んな場所に行ってみたいのですが
当面はナショナルジオグラフィックを楽しむだけです(笑)


2012-01-07 22:42 | URL | 風 [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://zep1100oyazi.blog31.fc2.com/tb.php/1009-53ad70a6

プロフィール

風

Author:風
【自己紹介】
03'ZEPHYR1100から97'Valkyrieに乗り換えた道楽子持ち親父。
ちょいと前までは、エビ反りジャンプなるカテゴリーを開発し、目下、記念撮影の代名詞となるべく普及宣伝活動を行っていたわけですが、最近は・・・何それ?って感じです(笑)


【このブログでは・・・】
バイク
写真
日記(独り言)
特に多いのがここら辺のカテゴリです。


【歴史】
ヤマハ時代
SRX250→TW200
スズキ時代
バーディー80→GSX250R→RF400RV
カワサキ時代
ゼファー1100

過去のログ v.コンパクト

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

友達申請フォーム

この人と友達になる

FC2カウンター

ブロとも一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。